共働き子育て世帯の必須アイテムはこれだ!

生活

こんにちは。趣味グラマのNobu(@nm_aru)です。

世の中では少子高齢化と言われていますが、我が家では可愛い一人息子の子育てに夫婦で奮闘中です(^^)

子育てと言えば、一昔前までは専業主婦が行うというイメージもありましたが、今は夫婦ともに働きながら子育てを行う、いわゆる共働き世帯が圧倒的に増えています。

独立行政法人労働政策研究・研修機構
専業主婦世帯と共働き世帯 1980年~2018年

共働きをする理由は様々でしょうが、年金や増税などに起因する将来不安、女性の社会進出などでしょうか。

今日はそんな共働き世帯が子育てをするにあたって、我が家で導入して心の底から良かったと感じている物やサービスをご紹介したいと思います。

共働き子育て世帯が絶対に導入した方が良いもの

ご紹介したいのは以下の4つです。

洗濯にかかる時間を15分に短縮!ドラム式洗濯機!

家事の中でも非常に手間がかかるもの上位にランクインするのは洗濯です。

普通の縦型洗濯機で洗濯をする時の手順を並べると

  1. 洗濯物を洗濯機に入れる
  2. 洗剤、柔軟剤を入れる
  3. 洗濯開始ボタンを押す
  4. 洗濯が終わったら干す
  5. 乾いたら取り込む
  6. 畳んで片付ける

の6ステップに分解できます。

この中で最も(少なくとも私は)めんどうくさいのが、4の干す作業と、6の畳んで片付ける作業です。

畳む作業については、全自動で畳んでくれるロボットを開発している企業がありましたね。

世界初の全自動衣服折りたたみロボット『ランドロイド』 185万円も手の届く範囲に?
TIME & SPACEは、KDDIがお届けするITxカルチャーマガジンです。

パナソニックや大和ハウス工業などの大手企業が出資していましたが、結局発売されないまま倒産してしまいました…。

全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」開発元破産 赤字続きで発売に至らず
全自動で洗濯物を畳むロボット「ランドロイド」の開発会社が破産手続きを開始した。負債額は22億5000万円。

畳む作業については未来の偉人が解決してくれる事を期待しましょう。

もうひとつの干す作業については、子供がいると洗濯物が激増するため、干す作業もどんどん大変になります。下手に週末まで溜め込んでしまうと、とても1回の洗濯では終わらない量になり、干す場所も足りなくなってしまいます。

更に干している時に天気が崩れた日には目もあてられません。

そこで登場するのがドラム式洗濯機です!

ドラム式洗濯機なら、雨の日だろうが夜中だろうが、子供がどれだけ服を汚そうが、洗濯物を放り込んでボタンを押せば、数時間後には乾いた衣類が手に入ります!

縦型に比べるとドラム式は値段は上がりますが、1年間に洗濯をする回数を考えると、これほどコスパの良い家電は他に無いと思います\(^o^)/

買い物は自宅で終わらせよう!ネットスーパー!

毎日フルタイムで働きながら子育てもしていると、買い物に行く時間がなかなか取れません。24時間営業のスーパーもありますが、そもそも夜中に家を出ることも難しくなります。

そこで登場するのが大手小売各社が運営しているネットスーパーです。

運営元送料無料条件
楽天西友ネットスーパー西友一度に5,500円以上の購入で送料無料。
5,500円以下の場合は330円。
イトーヨーカドー注文金額に関わらず330円。
イオンショップイオン注文金額に関わらず330円。


ちなみに、我が家では西友ネットスーパーを使っています。

ネットスーパーを使うと、時間を気にせず子供が寝静まった後などに、ゆっくりと買い物ができますし、生鮮食品からミネラルウォーター等の重たい商品まで、全て自宅に届けてくれるのでとても助かります。

ネットスーパーと言えば送料が気になる人もいるかもしれませんが、西友ネットスーパーの場合は5,500円以上購入すると無料になります。5,500円が多いか少ないかは人それぞれかもしれませんが、子供のミルクやミネラルウォーターを買っていると一定額は簡単に超えるので、送料を気にする事はほぼありません。

ちなみに、西友ネットスーパーは楽天が運営しており、楽天カードを使えば常にポイントが2倍貰えます。そして貰った楽天ポイントは、西友ネットスーパーで使う事が出来るので、せっかく貰ったポイントがいつの間にか期限切れで失効していたなんて事も起こりません。

完全に楽天経済圏に取り込まれます(笑)

定期的に必要なものはAmazon定期便におまかせ!

おむつや子ども用のスキンケアグッズ等は、一定量が毎日消費されていくので定期的に購入する事になります。定期的に購入するのであれば、自動的に家に配達されてくる方が買い忘れもなくなるので嬉しいですよね。

そんな時は、Amazon定期便の出番です。

Amazon定期便を使えば、希望する間隔で自動的に商品が届きます。更に3つ以上の商品を同時に届けるようにすれば、最大で15%も割引が適用されるため、とってもお得です(^^)

車は借りるもの!タイムズカーシェアを活用しよう!

上の3つとは少し毛色が違いますが、都市部にお住まいの共働き子育て世帯で、まだ車を持っていない人にお勧めなのがカーシェアです。

子供ができると車があった方が便利なシーンはいくつかあります。特に週末に出かける時などですね。しかし、都市部では駐車場代が高く気軽に車を買う訳にもいきません。

そんな時は、車を「買う」から「借りる」に発想を変えることで幸せになれるかもしれません。

カーシェアの素晴らしさについては、我が家で1年間利用してみた費用の実績付きで、以下の記事で紹介していますので、もし興味があったら読んでみてください(^^)

まとめ

共働きで子育てをするのは大変な面もありますが、昔に比べて今は子育てに役立つ便利なサービスや物が豊富にあります。経済的に許す限り、こういったサービスを上手に取り入れて、子供と幸せに過ごす時間を増やしていきたいですね(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました