Flutter3でMaterial3とdark modeを同時に使う

Flutter

こんにちは。趣味グラマのNobu(@nm_aru)です。

先日、Flutter3と一緒にMaterial3への対応も発表されました。

Material3を使うには、Flutterのバージョンを3に上げるだけでは駄目で、ThemeDataのパラメータで指定してあげる必要があります。

私の場合は、ThemeDataでlight()やdark()を使っていたのですが、Material3と同時に使う方法が一瞬分からず悩んだので、備忘録として残しておきます。

Material3を使うにはuseMaterial3: trueを指定するだけ

ドキュメントを見れば分かりますが、light()やdark()はコンストラクタで、結局中でbrightnessを指定してるだけでした。

ThemeData.light constructor - ThemeData - material library - Dart API
API docs for the ThemeData.light constructor from Class ThemeData from the material library, for the Dart programming language.
ThemeData.dark constructor - ThemeData - material library - Dart API
API docs for the ThemeData.dark constructor from Class ThemeData from the material library, for the Dart programming language.

まとめ

Material3にしてみたところ、FABが角の丸い四角ボタンになったり、AppBarの色が変わったり、全体的に優しい雰囲気になった気がします。

それにしても、Flutterの進化のスピードは凄く早くて、個人開発をする上では楽しさ満載です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました