react-native-configのiosでドハマり…[解決済]

スポンサーリンク

APIサーバがlocalhostと本番で2つ有るので、設定ファイルで切り替えたいと思い、以下のパッケージを入れた。

react-native-config

Setupの項目に従ってインストールし、Different environmentsの項目に従って、.envと.env.devの2ファイルを作成した。

そしていざ実行してみると、Androidは正常に値が取れるが、iOSは何度やっても空っぽ…。

こういう設定系でハマると抜け出すのにめっちゃ苦労する記憶しか無いから、凄いブルーになりつつ悪戦苦闘すること丸一日。
全く進捗が出ず、諦めかけていた時に、以下のissueを発見。

‘GeneratedDotEnv.m’ file not found

親投稿の人とは関係ないんだけど、要は

react-native link react-native-config

がちゃんと動いていないらしく、確かにXcodeのプロジェクトを見てみると、react-native-configが追加されていない。

このissueに書いてある通り

1.「ReactNativeConfig.xcodeproj」をプロジェクトに追加
2.「libReactNativeConfig.a」をBuild PhasesのLink Binary With Librariesに追加

を実行し、再度yarn run iosをしてchromeのconsoleを見ていると…

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

諦めかけでのこの光明。嬉しすぎる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました