RxSwiftのplaygroundでno such module ‘RxSwift’と出る場合の対処法

スポンサーリンク

久々にiOSアプリを作ろうと思って、曖昧な理解のまま使っていたRxSwiftを再度ちゃんと勉強しようとgithubからcloneしてきた。
そしてplaygroundを開いて読もうと思ったら、introductionを開いた時点で

no such module 'RxSwift'

と悲しいメッセージが…。

Podfileを作ってinstallすれば良いのかなと思ったけど、既にPodfileがあってtargetがずらりと並んでいる。何かおかしい。
RxSwiftのgithubには

Open Rx.xcworkspace, choose RxExample and hit run. This method will build everything and run the sample app

ってメッセージがあって、iOSアプリを作るつもりだからRxExample-iOSを選んでrunしてみると、ちゃんとシミュレータで起動出来た。
でも、playgroundでは使えない。

という訳でいつもの通りGoogle先生。

Obstacle to learning RxSwift: “No such module ‘RxSwift'” in example playgrounds

RxSwift-OSXを選んでビルドしろと言われている。
今のやつだとRxSwift-macOSと言うやつだろうと思い、それを選択してCmd+b。

playgroundで動くようになった。
macで動かしてるんだから、macOSでビルドしろって事か…?

コメント

タイトルとURLをコピーしました